YMCAの学び

学科紹介

ツーリズムコース

photo
旅のコンシェルジュになろう
1年次に学んだサービス全般の基礎知識をもとに、旅行関係のお仕事についてより深く学びます。
ホテルと旅行は切っても切れない関係であり、将来的にどちらの業界に進むにしても、両方を知っておくことは非常に大切であり、この両方を2 年間で学ぶことができるのは神戸YMCA 学院専門学校ホテル学科ならではです。

学びの3つのポイント

お客様から観光や旅行に関する質問をいただいたとき、しっかりとした答えをしなければプロフェッショナルとは言えません。
旅行業の専門知識を身に着けておけば、旅行業界のみならず、ホテル業界やブライダル業界に就職しても、力強い武器になります。
以下のポイントを軸に授業を展開し、学生の可能性を広げます。

最新のツーリズム事情を知る

サンプル画像1
旅行業界の専門知識を身に付けることはもとより、刻々と変化するツーリズム事情。
これからの日本における観光、旅行業界のインバウンドの重要性など最新のツーリズム情報を取り入れながら、
旅行の専門知識について学習し、状況に応じた柔軟性も身に付けます。

世界を知る

サンプル画像2
国内、海外の観光地と関連して、宿泊施設( ホテル) を調べ、オールマイティな旅行のスペシャリストを目指して勉強します。
観光するためにホテルに宿泊する、宿泊先を決めてから観光地を探す…。観光とホテルは切り離せません。
お客様に最適なチョイスをお届けするための学びです。また留学生と共に学ぶことは、授業を通して世界を知ることにもなります。
留学生にとっても旅行業界は活躍の場として期待できます。

想像力・企画力を養う

サンプル画像3
旅の仕組みと楽しさを知り、個人旅行などを企画して、体験しながら創造力・企画力を養います。
自分が満足しない、経験していないことをお客様にお勧めできるでしょうか。
興味があることを自分で調べて企画して、旅の楽しさの幅を広げるように学びます。
この能力はホテルやブライダルのお仕事にも活かせる要素でもあります。
また学生たちがホスピタリティの精神を持って旅行を企画する姿は頼もしいものがあります。

2年次時間割(例)

1限目
ホスピタリティ論
旅と文化
2限目
ホテル経営
English for
service industry
文書処理
接遇マナー
社会常識
3限目
ホームルーム
English for
service industry
文書処理
就職ガイダンス
キリスト教論
4限目
Communication
旅と食文化
海外旅行企画
Communication
国内旅行業務取扱管理者資格対策
5限目
Communication
レストランサービス理論・実技
海外旅行企画ゼミ
Communication
6限目

取得できる資格・目指す職業

【取得できる資格】
◆ 旅行地理検定4級、3級
◆ 国内旅行業務取扱管理者
◆ 実用英語技能検定2級、準1級  ◆ TOEIC

【目指す職種】

◆ ツアーコンダクター  ◆ ツアープランナー
◆ 空港グランドスタッフ ほか

Graduate’s Voice

先生のアドバイスで苦手な英語にも努力して取り組めました

先生のアドバイスで苦手な英語にも努力して取り組めました
粟飯原 理絵 さん 久居交通株式会社 勤務 ホテル学科2014 年卒業

入学時にまわりと自分を比べて不安になっていた時、先生がフルマラソンのお話を例に「ゴールするために目の前の目標を見て走ること」と教えて下さり、
苦手な英語も、毎日少しづつ勉強するよう努力しました。ホテル実習では毎日メモをとって復習し、自己判断をせず、
指示されたことに素直に取り組みました。終わった時には、実習先の方から、君の素直に取り組む姿勢はすごいと言って頂けて嬉しかったです。