YMCAの学び

学科紹介

ホテルコース

photo
ホスピタリティをこえた…
ホテルコースでは、ホテルの基礎から応用までを学び、
プロとしての第一歩をスタートする準備をします。
私たちは学生たちに、授業や実習を通してホスピタリティの精神を自分のものとして成熟させ、最終的には自分だからこそできる、「おもてなし」を目指して頑張って欲しいと願っています。

学びの3つのポイント

サービス業の頂点といわれるホテル業界で働くために必要な知識と技術を学びます。
クオリティの高いサービスを提供するには、基礎力があってこそ高いところへ届くのです。
ホテルコースでは基本からしっかり身に付け、その力を発展させていきます。

なりたい自分に近づく

photo
神戸YMCA のホテルコースの授業では、実際のホテル現場で使う能力や技術を獲得することを目的としています。
例えば英会話の授業でも1 年次は基礎会話力を身に付け、2 年次はホテルやレストランの現場で実際にサービススタッフが使用している英語フレーズを習得します。
実際に、ホテル実習室や学校施設を利用し、それぞれのシチュエーションに応じて体を動かしながら実体験するので、実習現場や、就職先でも役立つ実践的な授業となっています。

スペシャリストへの第一歩

photo
神戸YMCA ではクラスin Hotel を始め、現役のプロから直接学ぶ機会が豊富にあります。
例えば、ホテルコンシェルジュ、ブライダルプランナー、ソムリエ、ハウスキーパーの方々など、様々な部署の担当者からその部署ならではのやりがいや苦労話などリアルな話を聞くことができ、高度な技術を間近で見て学ぶこともできます。プロの心意気や技術から刺激を受け、自分が目指す将来の姿を具体化することは、スペシャリストへの第一歩となります。

マネジメント能力を身につける

photo
近い将来、サービススタッフに留まることなく、現場の責任者や更にその上のマネジメント職に携わることを見据え、売り上げや利益、原価などの計数管理や人的管理など役割上必要な知識を学びます。
また、現役ホテル総支配人やレストラン支配人から、これまでの経験で得た“ 教科書に載っていない”リアルな内容についても広く深く学びます。

2年次時間割(例)

1限目
宿泊概論・実技
実習準備
2限目
接遇マナー
English for
service industry
ホテルの基礎
就職ガイダンス
公衆衛生
3限目
日本語表現法
English for
service industry
旅行券総論
基礎英語
国際時事
4限目
基礎英語
宴会サービス実技
Communication
レストラン・
宴会実務概論
5限目
Communication
国際時事
Communication
料飲マネジメント
6限目
Communication
※年度により変わります。

取得できる資格・目指す職業

【取得できる資格】
◆ レストランサービス技能検定3級( 国家試験)
◆ 実用英語技能検定2級、準1級
◆ 旅行地理検定4級、3級  ◆ TOEIC

【目指す職種】
◆ コンシェルジュ    ◆ レストランスタッフ
◆ バーテンダー     ◆ ソムリエ
◆ 宴会サービススタッフ ◆ フロント・ベルスタッフ
◆ ドアマン ほか

Graduate’s Voice

卒業プロジェクトではキャプテンに。人として大きく成長しました

卒業プロジェクトではキャプテンに。人として大きく成長しました
水守 彩 さん
神戸ポートピアホテル 勤務 ホテル学科 2014年卒業

海外ホームステイをきっかけに、人とのコミュニケーションを取ることの楽しさに気がつき、毎日色々なお客様と会えるホテリエに興味を持ちました。
伝統と実績があり、ホテル業界にたくさんの先輩たちがいる神戸YMCA に入学を決めました。
在学中の一番の思い出は卒業プロジェクトの模擬挙式です。基礎から学び、実際のお客様を相手に仕事をする挑戦の場でもありました。
私はチームをまとめるキャプテンと、当日の司会を担当しましたが、人として大きく成長できるとてもいい経験となりました。